SSブログ

2022/23シーズンに向けて〜〜補強のポイント、その2〜〜 [Arsenal F.C.]

2021/22シーズンに向けて:補強のポイント、その2

Arsenal 1.jpg
〜〜CMF・DMF〜〜

今シーズンのこのポジションは
ダブルボランチを組む形と
アンカー+インサイドハーフの
3センターを組む形の
2つのシステムを使い分けており、
来シーズンに向けてどちらのシステムを
メインに使って行くかによって
変わってくる部分もありますが
シーズン途中にダブルボランチから
3センターへ移行した事からも
アルテタ監督は3センターを
メインに考えている可能性が高いと思います。

その3センターを組んだ時には、
アンカーは5トーマスが務め、
インサイドハーフの右に8ウーデゴール、
左に34ジャカが務める形を基本としていました。

インサイドハーフに関しては
タイプ的にはインサイドハーフがベストだと思われる
23ロコンガは勿論の事、
10スミス・ロウも起用出来ますが
アンカーに関しては
34ジャカは中盤の底をひとりでカバーするには
機動力に問題があり、
Box to Boxタイプの23ロコンガは
そもそもアンカーの適性が
あるのかどうかと言う問題がある等
アンカーを務められるのが
5トーマスしかいないと言う問題がありました。

実際、5トーマスが離脱していた時期に
中盤が機能不全を起こしてしまった様に
23ロコンガをアンカーで起用する等
色々と試していましたがどれも上手くいきませんでした。

結局、シーズン終盤には
34ジャカと25エルネニーのダブルボランチに戻す事で
中盤にバランスを取り戻す事に成功しましたが
3センターを組むには
5トーマスへの依存度が高すぎると言うのは
問題だと思います。

その様な状況の中で
唯一可能性を示したのが25エルネニーでした。
この夏に契約が切れる25エルネニーは
シーズン通して殆ど出場機会が得られていませんでしたが
前記の様に5トーマスが離脱したシーズン終盤で
34ジャカとダブルボランチを組んで
中盤のバランスを取り戻す事に貢献し、
先日のリーズ戦で務めたアンカーでも
バックラインからパスを引き出し、
そこからテンポ良くボールを捌いて
チームに良いリズムを奏でていたと思いますで
5トーマスと比べてスケール感の問題はありますが
アンカーの適性は十分にあると思います。

しかしその25エルネニーは
この夏で契約が切れると言う問題があり
最近の活躍で契約延長の話も出ている様ですが
どちらにせよチームをもう1ランク上に上げる為には
5トーマスとポジション争いが出来るレベルの
アンカーに適性のある選手の補強は必須だと思います。

一方で今シーズンローンに出ているトレイラ、
15メイトランド=ナイルズ、グエンドゥージに関しては
補強資金を得る為に放出が既定路線だと思われます。

フィオレンティーナでレギュラーとして
活躍しているトレイラは
フィオレンティーナ、トレイラ共に
完全移籍での移籍を希望している事もあり
この夏にチームを去ると思われますが
問題は£1300万と言われる移籍金を
フィオレンティーナが用意出来るかどうかが
焦点だと思われます。

15メイトランド=ナイルズは出場機会を求めて
この冬早々にASローマヘローン移籍しましたが
結果を出せずにベンチが定位置になっています。
現状としてはCMFとしては勿論の事、
右SBとしても右WBとしても
残念ながらこのレベルのチームで
出場機会を得る事の出来るレベルではないと言わざるをえず
身の丈にあったクラブを探す時期に来ていると思われます。

そしてマルセイユで主力として活躍し
フランス代表にも呼ばれる様になった
グエンドゥージも現在のローン移籍に付帯している
£950万と言われる買取オプションが行使されて
マルセイユへ完全移籍する可能性が高いと言われていますので
現在ローン移籍している3選手が
チームに戻ってくる可能性は殆どないと思います。

一方でこのポジションは下部組織の選手も
順調に育ってきており
その中でも87パティーノ、65サラー・アウラド・ムハンド、
38アジーズ等
期待されている選手が多数存在しています。

今シーズンファーストチームデビューを飾った
18歳の87パティーノは
ジャックを超えるアカデミーの最高傑作と言われており
ダブルボランチの一角として起用するには
まだ線が細くフィジカル的な強度が上がってくるまでは
ファーストチームで出場機会を得るのは難しそうに観えますが
一方でインサイドハーフならば
フィジカル的な負担が減る一方で
その攻撃的センスを存分に発揮出来るかもしれませんので
4−3−3へのシステム変更が
87パティーノにとっては良い追い風になるかもしれません。

同じく18歳の65サラー・アウラド・ムハンドは
元々は中盤の底からボールを捌く
司令塔的な選手だった様に観えましたが
最近は1列前にポジションを移して
後方からパスを送りつつも
フィニッシュの局面にも顔を出す
Box to Boxタイプの選手に変化してきている様に観えます。
87パティーノと同様に小柄な体格もあり
ダブルボランチではすぐにファーストチームで
起用出来る状況には観えませんが
インサイドハーフならばチャンスはあるかもしれません。

そしてこの2人より1歳年上の19歳の38アジーズは
以前はこのポジションで
最もファーストチームに近い選手と言われていた
下部組織の逸材で
本当ならば今シーズンのポーツマスへのローン移籍が
ファーストチームへの昇格の足掛かりになるはずでしたが
ポーツマスでは思う様な出場機会を得る事が出来ずに
そのローン移籍を途中で切り上げて
冬に戻ってきてしまいました。

しかしその35アジーズは以前に本人が手本にしている選手として
ブスケツの名前を挙げていた様に
アンカーを務める事が出来るタレントだと思います。
視野の広さとパスセンスと共に
フィジカル的にも成熟していますので
本当ならばアンカーの2番手として
名乗りを挙げて欲しい所ではありますが
今シーズンの停滞を考えますと
もう少し時間が必要かもしれません。

どちらにせよ来シーズンは
これらの下部組織の選手達にも
カップ戦等でチャンスは巡ってくると思われますので
7サカや10スミス・ロウに続き
ファーストチームに定着出来るかどうか楽しみです。

この夏に契約が切れる25エルネニーが
契約延長した場合には
補強方針は多少変わる可能性はありますが
来シーズンの試合数の増加を考えますと
最低でも1人は補強が必要であり、
中盤の底でしっかりとゲームを作る事の出来る
司令塔としての能力が高く、
中盤の底のエリアをしっかりとカバー出来る
守備力と機動力がある
アンカーを務める事も出来るタイプの選手で、
理想を言えば5トーマスと同様に
フィジカル的強度も高ければ最高だと思います。

その様な選手を獲得するとなりますと
高額投資が必要になると思われますが
このまま来シーズンCLで戦う事になれば
絶対に必要な投資になると思われます。


〜〜トップ下・サイドアタッカー〜〜

今シーズンのこのポジションは
若い選手が大きく成長した事で
大きく様変わりしたポジションになりました。

昨シーズン途中から左から右へポジションを移した7サカは
更に凄みを増してアンストッパブルな存在となり、
同時に得点力も上がってきた事で
エースと呼ぶに相応しい存在になりつつあります。

一方の左は10スミス・ロウと35マルティネッリが
ポジションを争っている状況です。

本職がトップ下の10スミス・ロウは
トップ下からポジションを移す形になりましたが
ラン・ウィズ・ザ・ボールの能力の高さを活かしたドリブルと共に
攻撃的MFらしくオーバーラップしてきた左SBを
活かすプレーが出来る所も持ち味であり
同時に今シーズンはゴール前でのポジショニングが
大きく改善された事で
良い形でシュートを撃つ事が出来る様になり
それによりゴール数も二桁の大台に乗せる事に成功しました。

35マルティネッリはCFでもプレー出来る様に
ストライカー色が強い選手ですが
独力でサイドから仕掛ける事も出来る
ウイング的な能力も高く
ウイングストライカーと呼ぶに相応しい選手だと思います。

周囲を使いながらサイドを崩し
そこからフィニッシュの局面に顔を出して
ゴールを奪う10スミス・ロウと
独力でサイドから仕掛けると共に
ゴール前でフィニッシャーとして振る舞う事が出来る
35マルティネッリと言う
異なるキャラクターを持っている選手を擁している事が
左サイドの強みになっていると思います。

そして10スミス・ロウはトップ下として
35マルティネッリはCFとしても起用可能な所も
少数精鋭のスカッドの中では
重要な存在だったと思います。

この3人にシステムが4−2−3−1の場合には
トップ下として8ウーデゴールが加わりますが
シーズン後半はシステムを4−3−3に移行した事もあり
トップ下で起用されていた8ウーデゴールは
右インサイドハーフで起用される様になりました。

元々8ウーデゴールは低い位置にまで下がってきて
組み立ての段階から関与する事を好むスタイルでしたので
インサイドハーフの方がより活きるのかもしれません。

今シーズンの間に大きく成長したこの4人が
来シーズンも主軸を担う事になると思いますが
一方でこの4人に続くべき19ペペは
今シーズンも活躍は散発的で
期待したレベルではなかったのは残念でした。

来シーズンも4−3−3をメインに使うのならば
トップ下を務められる選手は
8ウーデゴールと10スミス・ロウの2人がいれば
十分だと思いますが、
サイドに関しては少なくとも4人は必要だと思います。

しかしその4人目と期待されていた19ペペが
十分な活躍を観せられない状況が続いており
その19ペペに£2500万の値札を付けたと言う噂がありますので
アルテタ監督の構想からは
外れ始めているのは事実だと思います。

よって来シーズンに向けて
空く可能性がある4人目の席をどの様な形で埋めるかが
ポイントだと思います。

その候補の一人としてまず名前を挙げなければならないのが
今シーズンフェイエノールトへローン移籍している
24ネルソンだと思います。

移籍当初はチャンスが巡って来ずに途中出場が主でしたが
その後徐々に出場機会を増やしていき
3月頃からは急にゴールとアシストを量産し始めて
右ウイングのレギュラーとして
ポジションを掴んでいます。

オランダは元々ウイング文化が根付いていると言う事が
24ネルソンを成長させたのか
ここ最近のダイジェストを観ますと
キレのあるドリブルの活かし方が上手くなっており
そのドリブルとスピードを活かした仕掛けで
右サイドの脅威になっている様に観えます。

とは言え、PLとエールディヴィジの間には
少なからずレベルの差が存在していますし
サイドを切り崩した後のクロスやシュートには
まだ改善の余地があると思いますので
そのままのプレーがPLで通用するかどうかは分かりませんが
少なくとももう一度チャンスを与えられても良い様に感じます。

一方でアンストッパブルなレベルへ昇華した7サカは
現状の24ネルソンの一歩も二歩も
先を行っている存在と言う事は言うまでもなく
チームに戻ってきたとしても
7サカとポジション争いをすると言うよりは
バックアッパーと言う存在になってしまう可能性もあります。

しかし来シーズンCLで戦う事になるならば
現状では十分ではなく
7サカ等とポジションを争いが出来るレベルのアタッカーを補強して
チームをもう1ランク挙げる起爆剤が
必要かもしれません。


〜〜CF〜〜

今シーズンのCFはシーズン前半は
オーバメヤンがエースを務めていましたが
規律違反を犯した事で冬に放出され、
その後は9ラカゼットが
ファーストチョイスで起用されました。

その9ラカゼットは前線でのボールの収まり所として
2列目の選手を活かすプレーと
前線からの献身的なプレスで
チームプレーヤーとして大きく貢献していますが
その一方でストライカーとしてはゴール数は伸び悩み
昨シーズンと同様にチームは得点力不足に陥ってしまいました。

その9ラカゼットをバックアップしていた30エンケティアが
シーズン終盤のチェルシー戦で2ゴールを挙げてから
9ラカゼットに代わって先発する様になり
可能性を広げている最中ですが
それでもCFの得点力不足は
来シーズンに向けて最大の改善ポイントだと思います。

同時に9ラカゼットと30エンケティアの契約が
この夏に切れるという問題があり
30エンケティアに関しては
最近の活躍を受けて慰留に動いているという話もありますが
9ラカゼットに関してはシーズン終盤に
30エンケティアが先発で起用される様になってからは
殆ど起用されなくなった事を考えますと
この夏にチームを離れる事は決定的だと思われます。

仮にこの夏にこのままこの2人が退団してしまうと
現在ミドルズブラへローン移籍している
26バロガン一人しかスカッドには残らない事になってしまいます。

しかしその26バロガンはミドルズブラでは
定期的に出場機会は得ていますが活躍は散発的で
今の所リザーブで観せていた様な
絶対的な活躍は観せる事が出来ておらず
ファーストチームで通用するレベルには
達していない印象を受けます。

よって退団する可能性が高い9ラカゼットに代わる
新たなストライカーを補強し
得点力不足の改善に努めなければならないのは勿論ですが
26バロガンの成長が思う様に進んでいない現状を考えますと
30エンケティアも同時に退団する様ならば
更にもう一人ストライカーの補強が必要になるかもしれません。

とは言え35マルティネッリもCFでの起用が可能な事を考えますと
ストライカーのバックアッパーは
35マルティネッリにも兼務させる事で
補う可能性は残されていますが
そうなりますと2列目の頭数不足が
問題になる場合が出てきますので
尚更2列目にはもう一人選手が必要だと思われます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この夏の補強ポイントとしては

1、得点力不足を解消するストライカー
2、アンカーも務める事の出来るCMF
3、19ぺぺに代わるサイドアタッカー
4、18冨安をバックアップする右SB
5、3ティアニーをバックアップする左SB
6、サリバの去就によって第4CB
7、ストライカーのバックアッパー

と考えます。


量的にも質的にも絶対的に不足している
 『1、得点力不足を解消するストライカー』と
5トーマスが欠場した場合に
質を落としてしまう
 『2、アンカーも務める事の出来るCMF』の
2つが最優先補強ポイントだと言うのは
言うまでもないと思います。

そして結果を出す事の出来ない19ペペに
見切りを付ける可能性が出てきているのならば
 『3、19ぺぺに代わるサイドアタッカー』を
獲得して入れ替える可能性もあると思います。

同じく18冨安と17セドリック、
3ティアにーと20タヴァレスの間にある
レベルの差を埋める為に
 『4、18冨安をバックアップする右SB』
 『5、3ティアニーをバックアップする左SB』
も補強の対象に入ってくるかもしれません。

また、現在マルセイユにローン移籍に出ているサリバが
チームに戻らずにそのまま移籍する様な事態になった場合には
 『6、サリバの去就によって第4CB』と
9ラカゼットだけではなく30エンケティアも
退団した場合には
 『7、ストライカーのバックアッパー』
の補強も必要になるかもしれません。

どちらにせよ
 『1、得点力不足を解消するストライカー』と
 『2、アンカーも務める事の出来るCMF』は
絶対に補強が必要なポジションだと思いますので
高額投資が必要かもしれませんが
しっかりと補強して欲しいと思います。


・・・つづく。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。